2016年03月13日

9回目のボイスレッスン と ボイスレコーダー

2016年3月5日のmixiの日記からの転載です

******************

今週、9回目のボイスレッスンに行ってきました

年末に身内が倒れて入院をしてしまったりしたこともあり
1月7日に入れていた8回目のレッスンの後、
おそらく、しばらくレッスンには通えないと判断していたので、
そこからレッスンをストップしていました

その時の8回目のレッスンは、行ったことは行ったのですが
そんな状況だったので自分の頭の中も整理がつかず、
スタジオと先生の予約をキャンセルして
ご迷惑をおかけするのが申し訳なかったので
しばらくのお休みをお伝えする意味でもとりあえず行ったという感覚で
録音はしたのですが、自分的には何も頭に入る状況では無かったので
日記での記録は残せませんでした

ということで、8回目のレッスンはブログとしては欠番

おかげさまで、身内の状態はよくなり、予想された最悪の事態にはならず
思ったよりも早く2か月ぶりにレッスンに復帰することができ
久しぶりの9回目のレッスンの記録です

そして、今回はそれともう一つ
先月の2月の事ですが、
OLYMPUS社さんから1月に発売になったばかりのボイスレコーダーを
モニターとしておよそ一ヶ月間お借りすることになったので

_20160220_180037ボイス.jpg


今回はそのモニター機と昨年買った自分のレコーダーを持参で行ってきました

DSC_0074ボイス.jpg


お借りしたOLYMPUS社のレコーダーは
デジカメなどで使う三脚用の穴が
背面に装着できるようにパーツで付属していて使えるようになっていて

DSC_0078ボイス.jpg

DSC_0081ボイス.jpg

ミニ三脚をこんな風にセットすることができました

DSC_0071ボイス.jpg


乗せている台の衝撃などの余計な音を拾わずに済むし、
かといってハンカチの上などに置いて音を吸収しすぎてしまう事もない
Bluetoothでのスマホとの連動もできるようなので
スイッチのオンオフなどの操作で生じる余計な衝撃音も出さずに済むし
少しぐらいなら離れた場所からのオンオフもできますので
これもまた使い勝手がよさそうです

こちらのレコーダー
OLYMPUS(オリンパス) LS-P2
  ↓


楽天ではここが一番お安いようですが、もともとがそんなに高いわけでもなく
私が昨年11月に買ったPanasonicのレコーダからたったの3か月しかたっていないのに
こんなに機能が高いレコーダーが出るとは、なんだか悔しいな~
今なら、間違いなくこちらを買うのにな

ちなみに、youtubeなどにアップしてしまうと
その時点でmp4形式にしてしまっているのであまり感じないと思いますが
PCM録音してきたままのオリジナル音源を聴くと
先生のピアノ伴奏がとっても綺麗で感動してしまいました

その点については、今まで自分のレコーダーでは、
あとの作業が楽なようにとmp3録音しか使っていなかったので
ちょっと比較はできないのですが
私のレコーダーにもPCM録音機能はあるので、今度使ってみようと思います

さてさて、本題のレッスンですが
いつもの通り、発声練習で喉のストレッチをしてからの曲練習
昨年末からの私の希望で
夏の発表会に参加できるかどうかはわかりませんが
ひとまず、そこに向けてSKYFALLをしばらく練習です

発声練習での喉の開き方、少しずつ変えてみたりしながら
私、まだ発声練習で楽しんでいるようなところがあるようです

曲の練習になった段階で、まず質問をしました

こぶしの回し方で、どうしてもできないところがあって
以前、先生に言われていたことがずっと気になっていた
「無理にこぶしを回さずに、自分のレベルでの歌い方を探ってみる」
というこの点について、私でもできる歌い方をみつけたい
それでも、曲の世界観を壊したくないという点で
いくら自分でオリジナルを聞き込んでも解決できなかったところを質問してみました

で、先生のアドバイスに従って歌ってみると
やっぱりそちらの方が歌い安い!

そして、もう一つ、私にとっては大きなアドバイスがありまして
リズムのとり方なのですが、

こういうSKYFALLのようなゆったり流れるような曲でも、身体でとるリズムは
ツクツクツクツク・・・
ってとりつつ、そのゆったりしたリズムを出すっていうことなのだそうで
そうなんですね、私にはそのツクツクツクツクが身体に無いのです
ここがリズム音痴って自分で昔から思っているポイントなのでしょうね

どうしたら、このツクツクツクツクが身体に染み付くのかな・・・

先生はレッスンの途中でオリジナル音源を少し聴いて
アドバイスをしてくださったのですけれど
その時に思ったのですが
私と聞いているポイントというか、音というか、
そこから取っている情報が全く違うっていう感じでした
さすがプロだな・・・と、改めて実感

この1曲の音楽というデータの中には
きっと私がまだ知らない、聴いていない、聴こえていない情報が
たくさんたくさん盛り込まれているんだろうなという深さも同時に味わいました


ということで、
まだまだ歌い上げるっていうところには
相変わらず遠い位置でレッスンをしてきたというご報告です(≧▽≦)


***********************
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
   ↑
ランキングに参加しています
クリックしてくださると嬉しいです(*ノωノ)
   ↓

ボイストレーニング ブログランキングへ
posted by Niko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

7回目のボイスレッスン

2015年12月19日のmixiの日記からの転載です

******************

行ってきました。7回目のボイスレッスン
いつものように、自分のための備忘録です

公開になった007の新作 SPCTRE を3度も観てしまった後だったので
興奮冷めやらぬ007まつりをそのまんま纏ったまま行ったので
ついうっかり、先生に
夏の発表会にスカイフォールを歌ってみたい!とお願いしてしまいました
今まで発表会なんて興味もなかったので出たいとも思わなかったのだけれど
どうしたことでしょう(≧▽≦)

今までのレッスンでも自分的弱点である楽譜問題も
人間って「やりたい!」って思うと、やっぱりどうにかしちゃうものですね
ネットで探したピアノ譜と、コード表と歌詞を持って先生にお見せしたら
これで行けると言っていただけたので
頑張ってみることにしました!!

※Skyfall


 ↑こちらのスカイフォールは2012年、つまり3年前の作品なので
もちろん今、タイムリーなのは公開中のspectreの主題曲
サム・スミスの「Writing’s On The Wall」ですが
   ↓
※Writing’s On The Wall」




どちらも4分半ちかい曲なので、2曲は無理だよな・・・
と、考えてアデルのスカイフォールの方にしました
でも、レッスンではそのうち「Writing’s On The Wall」もやってもらおうと思っています

今回、そんなワクワク、ドキドキの007ラブなテンションで始まりましたが
いつものように声帯のストレッチからスタートです

面白いことに、あの声帯の構造や写真を見てからのレッスンでは
なんだか感覚が違ったのです
何ていうか、今どこがどうやって動いているのかしら?って
自分が感じようとしているのがわかりました
声帯にお伺いを立てているというか、そんな今までに無い意識の仕方です
面白いモノですね~

しかし、変わらずに新しい発声練習は声が割れてしまいます
まだ筋肉が育っていないのでしょうね
そこにピタッと音が決まらないっていうかそんな感じです
そして、これが、結局
曲のレッスンに移った時に、もっとはっきりと弱点として出ているのが分かるようになってきました

まっすぐ出しているように思っていた音が、まっすぐ出ていないとか
音符の通りに音が下がらずにへにょへにょしちゃうとか
突き抜けて行かない感じとか
実際にはその場ではそのように出しているつもりなんだけれど
先生に指摘されていた時に感じているのは
なんとなく踏んばっていないくらいにしかわかっていなかったりするのですが
これが、録音してきたレッスンを聞いていると
言われていることがよく理解できるので本当に役に立ちます

なんていうのかな
私が昔やっていたギターだと、フレットがあるので
そこではっきりと音階は取れていましたが
そのフレットがないので、自分でしっかりとその場所に音を置きに行かなければならない
そうね、三味線みたいな感じ
だからしっかりとその弦を指で押さえるその場所が分かっていないと
その音階が出せないって感じ

自分の身体の一部である声帯ってものが
自在に動かすようにできるまで、こんなに時間がかかるのだというのは面白いなと思います

そんなストレッチをしたあとに曲のレッスンなのですが
私としては、突然、なんの前触れもなくスカイフォールを持って行ったので
この日は相談だけして、レッスンは後日からでいいわと思っていたのですが
なんと、先生が

今日からやりましょう!

って言ってくださったのです
しかも、先生、この曲を知らないっていう状態なのに
私が音源を持っていたので、それも聴きながら
ピアノ譜とコード表とで、ちょいちょいと書き込んで頭に入れちゃっている・・・
プロってすごいわ~

しかも、レッスンの最中に当然先生が

「ここはこうした方が・・・」とか「こうやってね・・・」

などと見本で歌ってくれるのですが
それがまた、カッコいいのですわ
あのスコーンと響くような声、出せるようになりたいな~

っていうか、
先生がこのSkyfall歌ったらとんでもなく似合うんじゃないかしら?
しかも、ピアノの弾き語りで・・・
と妄想してしまいました
聴きに行ってみたいわ、ホテルのバーでウォッカ・マティーニ頼んでね
もちろん、Notステアのシェイクで

そんなわけで
レッスンをしに行ったのに、結局007まつりのまま終始してしまったというありさまで
この日、そのあとにマイミクさんと新橋の洋楽カラオケバーに行く予定にしていたので
その余韻はさらに新橋へと続くのでありました

あ~
やっぱりサム・スミスも歌いたいな~


そして、今回とっても印象に残った先生の言葉
こぶしの使い方について
私がオリジナルをマネしてこぶしチックに声をだすと
自分でもわかるのだけれど、演歌になっちゃう
そんな時の先生の言葉が
ソウルのこぶしと、演歌のこぶしは細かさとテンポの取り方がちがうのよ

なるほど~
これ、そういわれるとすごくよくわかる
そして、それって身体に染み付いたリズムでもあるからというお話で

あ!それって、私の運痴問題にもつながるんだわ・・・と
妙に納得をしてしまいました

ってことで
まだまだ「歌う」というところに
まったくたどり着かずに、妙な進み方をしている私なのでした(*'▽')ノ


***********************
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
   ↑
ランキングに参加しています
クリックしてくださると嬉しいです(*ノωノ)
   ↓

ボイストレーニング ブログランキングへ
posted by Niko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

6回目のボイスレッスン

2015年12月9日のmixiの日記からの転載です

******************

実は一週間前にレッスンに行っておりました

Windows10にOSを変えたら、今まで使っていた音声編集ソフトが使えなくなって
レッスンの様子を今までの様に細かく区切って保存したりすることができなくて
どうしようかしら?なんて言いながら、忙しさにかまけて時間が過ぎておりました

早めにレッスンの様子をまとめておかないと
こういうのは記憶の彼方に隠れてしまうので、いけませんね

で、音声編集ソフトはWindows10で動く新しいものを入手しまして無事に完成


さて、今回のレッスンではやはり新しい発声練習がキーになりました
今まで使ったことの無い筋肉なのかもしれません
どうも、声が割れてしまいます
こればかりは、地道に日々練習をしてその部分を使うしかないのでしょうね


曲の練習では、自分で気になっていた乱暴な歌い方というか
聞いていて優しさがない言葉の発し方についてアドバイスをいただきました

先生の表現は違いますが私の理解では、
食卓に、お料理を出すときにドン!とテーブルに置くのか?
さっと持ってきて、最後テーブルに載せるときには優しく載せるのか?
の違いっていうか・・・
この点、この日の曲に限らず、私にとっての大きいポイントになのだろうなと理解しました


とりあえず、次回から新しい曲になるようです
何が良い?って聞かれたのですが
買った譜面の本にも自分が歌いたいく曲が無くてどうしよう・・・と言っていたら
歌いたい曲は?って話になって
今はエラ・フィッツジェラルドのnight and day ですね・・・
と話したら、結局また譜面を先生からいただくことになってしまいました
申し訳ないです・・・


***********************
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
   ↑
ランキングに参加しています
クリックしてくださると嬉しいです(*ノωノ)
   ↓

ボイストレーニング ブログランキングへ
posted by Niko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサードリンク>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。